Sample Image

失敗しないレーシック

日本には近視や遠視などに悩まされている方が沢山いらっしゃいます。
一昔前までは「メガネ」や「コンタクトレンズ」によって
視力を矯正するのが一般的とされてきました。
とはいえ、メガネは重量があるため邪魔になることが多いですし、
コンタクトレンズは自然な着用感があるうえに見た目にもスマートですが、
手入れに手間がかかるというデメリットを孕んでいます。

そんななかで今、注目を集めているのが【レーシック(LASIK)】です。

角膜屈折矯正手術とも呼ばれる眼科治療の一種で、
角膜を矯正することで裸眼での視力を向上させることができます。
アメリカを中心に徐々に人気を集めていた視力回復の手法ですが、
現在では日本でも広く認識され、高い評価を得ています。

メガネやコンタクトレンズのように手入れなどの手間が要らない
というのが最大の利点でしょう。
また、手術自体も比較的短い時間で手軽に行えるというのも大きなメリットです。
また、社会保険や健康保険は適用されないものの、
医療保険などに加入している場合は手術費用が割引されることもあるため、
費用面においてのデメリットは比較的小さくなってきています。

もちろん手術を受けなくてはいけないので多少のリスクがあるという事は否めません。
だからこそ、しっかりとポイントを押さえて正しくクリニックを選ぶことで
リスクを最大限まで低減させましょう。
多くのクリニックでは「カウンセリング」を無料で実施していますから、
十分にその機会を活用して、信頼できる医師・クリニックを見つけたいものです。
失敗しない為に必要なのは、十分な情報収集と正しい知識です。
また、先述したように十分に医師に相談できるような環境を作りましょう。
それさえできれば、レーシックで快適な日常生活を送ることができるはずです。

レーシック手術には無限の可能性があります。
重たいメガネや面倒なコンタクトレンズを外して裸眼で生活するのは気持ちが良いものです。
最近ではひとくちにレーシックといっても様々な種類がありますから、
自分に合った手術方法を選ぶのも失敗しないためのポイントです。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.