Sample Image

マイクロケラトームとは

近年では著名な芸能人やプロスポーツ選手が使用していることで
大きな注目を浴びている「レーシック」ですが
具体的にはどのようなフローで手術が行われるのでしょうか?

簡単な流れとしては、まず角膜の表面を薄く切開して「めくる」作業を行います。
その後、「フラップ」という蓋のようなものを作成するのです。

このフラップを作るために必要なのが「マイクロケラトーム」です。
ではマイクロケラトームとは具体的にどんなものなのでしょうか?

マイクロケラトームは「眼球用のカンナ」とも表現されます。
言い換えれば、眼球に用いる電動のメスです。
一回の手術につき一枚を使用する「使い捨て」で衛生面も配慮されています。

レーシック手術においてもっとも重要なポイントになるのが、
先述したフラップの作成にあたります。
そのため、フラップ作成に用いられるマイクロケラトームの精度は
手術の結果に大きく影響すると考えられています。
最悪の場合は手術による合併症を引き起こす恐れもあるのです。
同様に、技術力に乏しい医師による手術にも危険性が伴います。
このことから最新の設備と信頼できる医師という条件が
クリニック選びにおいて重要な条件になるでしょう。

また、フラップは顔面に強い衝撃が加わった際には、
ずれたり、シワになったりすることもあります。
フラップそのものは手術後、眼球に吸着するのですが、
元の状態に戻る事はありません。
そのため、上記のような症状があらわれる恐れのある職業
例えば、格闘技の選手などは「PRK」や「ラセック」などの
別手段を選択するのがベターでしょう。

マイクロケラトームによるレーシック手術は現在のところ主流ではありません。
これは、マイクロケラトームで作成したフラップの精度が低く、
厚みのあるものになってしまうからです。
そのため、現在ではiLASIKなどのコンピュータを用いたフラップ作成が
主流となっています。
自分にぴったりの手術方法をみつけて、より安全・確実なレーシックを行いましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.