Sample Image

ウェーブフロントレーシックとは

乱視に悩まされている方は、
日本全国で約1000万人近くもいると考えられています。
そもそも日本国民の約6割は近視の傾向にあると考えられていて、
その多くは乱視の傾向もあるようですから、
実際のところ、乱視の方はもっと多いかもしれません。

そして乱視の矯正には多くはメガネやコンタクトレンズ
を使用する事がほとんどです。
しかし、最近では医療技術の進化に伴って、
「レーシック手術」によって乱視・近視を矯正することができるようになりました。

特に乱視矯正に高い効果が期待されているのは、
【ウェーブフロント】と呼ばれる手法です。

ウェーブフロントは眼球(特に水晶体や角膜)の情報を分析する技術のひとつです。
ウェーブフロントアナライザーと呼ばれる精密機械を用いて
眼球各部の収差の情報を集積します。
ウェーブフロントレーシックは、それをもとに行われるレーシック手術を指しています。

このウェーブフロントのメリットは先述したように
「乱視」に対して非常に高い効果を発揮するという点にあります。
ただし、他の手法と同じく手術が受けられないこともあるので、
十分な注意が必要です。
もちろん、「適応検査」を受けることで手術の可否がわかるでしょう。
一般的には円錐角膜などの症状を患っている場合に、
手術を受けられないと考えられています。

また、乱視矯正用のハードコンタクトレンズと比較した際に、
矯正力が低いということもデメリットとして挙げられます。
あるいは乱視矯正用のメガネよりも効果が低い可能性もあるため、
事前のカウンセリングでよく確認しましょう。

いずれにせよ、レーシック手術のメリットは
「メガネのような煩わしさがなく、コンタクトのような手間もかからない」
という点にあり、デメリットを十分にフォローできるだけの魅力があります。

また、ウェーブフロントについても他の手法と同じく、
合併症などのリスクがあると考えられます。
しかし、これもクリニック選びに細心の注意を払うことで、
回避することができるでしょう。

メリットとデメリットを十分に理解したうえで賢く活用しましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.