Sample Image

エピレーシックとは

最近では、コンタクトレンズやメガネにとってかわって「視力矯正手術(レーシック)」が
新しい視力矯正の手段として注目されています。
もちろんひとくちにレーシックといっても様々な種類があります。
その中から自分にぴったりの手術方法を選ぶことが肝要です。

近年注目されている手術方法としては、
●イントラレーシック(Intra-LASIK)
●アイレーシック(iLASIK)
などが挙げられます。

これらの手術では、眼球の一部である角膜をめくり、
フラップという蓋を作成するという工程がもっとも重要なポイントになります。
上記のような手術方法は現在のところもっともポピュラーな手法であるとともに、
衝撃などに弱いという欠点もあわせもっています。

衝撃がくわえられることによって、
先述したフラップがずれてしまったり、シワになってしまったりするのです。

そこで注目を集めているのが【エピレーシック(EPI-LASIK)】です。

この手術方法の特徴は「エピケラトーム」という精密機器の使用にあります。
この機器は上記の手術方法とくらべて非常に薄いフラップを作成できるという点に
大きなメリットを秘めています。
そのうえでエキシマレーザーで近視・遠視・乱視などの矯正が行われます。

従来の手術方法とは異なり、その後フラップは剥がれ落ちることになります。
そして新しい角膜が自然と再生することになるのです。
このようにエピレーシックで作成するフラップは剥がれることが前提となっています。
そのため、強い衝撃があっても問題はないのです。

同様の手術方法にはPRKやラセックなどが挙げられます。
しかし、PRKよりも視力の回復が早いというメリットがあります。
また、従来の手法と比べると角膜への負担が少ないと言われています。

その反面、術後に多少の痛みを伴うというデメリットが挙げられます。
そのため、術後一週間程度は眼球保護用のコンタクトレンズを着用する必要があります。

しっかりとメリット・デメリットを把握して、
自分に合った手術方法を選択しましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.