Sample Image

ストレスは視力低下の原因!?

私たちの生活と「視力」には密接な関係があります。
視力が低下してしまえば、メガネやコンタクトレンズ、レーシックなど
視力を矯正する必要があるでしょう。
視力の矯正をしなければ生活に支障をきたすこともあるはずです。

逆に、視力が低くならなければ
コンタクトレンズを作る必要もレーシック手術を受ける必要もありません。
また、すでに視力が悪い場合でも、
それ以上視力が悪くならないように努力する必要もあるでしょう。

では「視力が低下する原因」とはいったいなんなのでしょうか?
大きく分ければ、下記のように分類できるでしょう。

●遺伝による視力障害
●生活習慣による視力低下
●病気による視力低下

これらは比較的イメージしやすい原因かもしれません。
しかし、この他にも視力低下には意外な原因があります。
その代表が【ストレス】による視力低下です。

ストレスによってイライラがつのると、自然と眼球を動かす筋肉が緊張します。
これによって視力の低下が引き起こされるのです。
実際に、ストレスが蓄積してくると目が疲れるような症状を
自覚することもあるかと思います。

このような視力の低下を避けるためにも、
できるだけストレスをため込まないようにしましょう。

万が一、視力が低下してしまった際には【レーシック】手術がお勧めです。
メガネやコンタクトレンズとは異なり、裸眼での視力を矯正することができます。

手術が必要となるため、リスクや危険性が高いと思われがちですが、
実際のところ、クリニック選びやアフターケアなどに注意を払えば、
ほとんどのケースで失敗することはありません。

手術中は目薬で麻酔をかけるため、痛みを感じることがないでしょう。
個々人の都合にあわせて、相性の良い手術方法を選ぶのもポイントです。
【iLASIK】や【エピレーシック】などの手術方法から
費用や必要性などに応じて自分にぴったりの手法を選びましょう。

もちろん、まずは視力を低下させないように努めることが大切です。
少しでも目をいたわってあげるような工夫をしてみましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.