Sample Image

視力低下と生活習慣

メガネやコンタクト、レーシックなど最近では視力矯正の手段も非常に多岐にわたります。
メガネやコンタクトレンズはもちろんのこと、
レーシック手術の技術の進歩には目覚ましいものがあり、
今後もさらに有用性が高まることが予想されます。

とはいえ、視力が悪化することを予め防ぐことができれば理想的です。
では、視力が低下する原因はいったいどこにあるのでしょうか?

まず、視力低下の原因は大きくふたつに分けられると考えて良いでしょう。
ひとつは「先天的な原因」です。
そしてもうひとつは「後天的な原因」です。

前者の場合、遺伝などの視力が生まれつき低いなどのケースが多く見受けられます。
とはいえ、後者にくらべるとその数は少ないといっていいでしょう。
つまり、ほとんどのケースで視力の低下は後天的に決定づけられるのです。

その大きな要因のひとつに「生活習慣」があげられます。

「生活習慣病」の患者が近年、爆発的に増加していることからも
私たち日本人の生活リズムが徐々に乱れてきていることがわかります。
例えば、食生活ひとつとっても「食文化の欧米化」などによって
本来あるべき姿が失われつつあるのです。

こういった生活リズムの乱れは知らず知らずにうちにストレスになります。
ストレスの蓄積は視力の低下と直接的に結びつくと考えられています。
これは、眼球を動かす筋肉がストレスやイライラによって緊張してしまう
という性質をもっているからで、これによってピントが合わない状態になってしまう
恐れもあるのです。

また、テレビやゲーム、パソコンやスマートフォンなどの液晶画面を
長時間にわたって見続けることも視力低下につながります。
近年では液晶画面から発せられるブルーライトという光が
眼球の疲労と視力低下に大きな悪影響を及ぼしているということもわかってきています。

このように、生活のなかで視力は次第に低下していきます。
しかし逆に生活習慣に気をつけることで、視力の低下は防げるのです。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.