Sample Image

なぜ視力が上がるの?

メガネやコンタクトレンズの手間・煩わしさに不満を持っている方は少なくないでしょう。
そんな背景からレーシック手術が大きな注目を浴びています。
手術を受けるだけで裸眼状態の視力が上がり、
メガネもコンタクトレンズも不要になるのですから、その有用性は非常に高いと言えます。

しかし、一体どうして視力が上がるのでしょうか?
ここではその仕組みとメカニズムについて解説しています。

まずは、眼球の仕組みについて簡単に説明します。
私たちの眼球には様々な部位に分けられて、各々の役割を持っています。
それぞれの名称と働きは下記のとおりです。

【水晶体】
いわゆる「目のレンズ」です。
映像のピントをあわせる働きを担っています。

【角膜】
黒目を覆っている層状で透明の膜です。
もっとも外側に位置しており、水晶体と同様にピントを合わせる働きがあります。
また、採光窓としての役割も担っています。

【瞳孔】
ここから目に光が入ります。

【網膜】
ここに光の焦点が当たります。
光の映像はここで電気信号に置き換えられて、神経を通り脳にイメージが伝達されます。

そもそもレーシックは角膜に特殊なレーザーを当てて、視力を矯正する眼科手術です。
本来は近視を治す手術ですが、
最新の手術方法を用いることで老眼や乱視でも矯正することができるようになっています。
近視を治す従来の手術においては、先述したレーザー(エキシマレーザー)
を使って角膜を薄く剥ぎ取り光の屈折率を調整します。
先述したように、角膜の働きは「採光」と「ピントを合わせる」もので、
後者は光の屈折を利用したものです。
これがメガネやコンタクトレンズと同様の働きをして視力を上げるというわけです。

もちろん手術の際には麻酔をかけるので痛みは伴いません。
一般的にレーシック手術の際に用いられる麻酔は、
点滴ですから「怖い」という心配もなく安心です。

その一方で、まだまだ新しい医療技術だということもあり、
安全性が十分に確立していないというリスクもついてまわります。
あくまでも「手術」ですから必ず成功するという確証はありません。
事前に、どのようなリスクがあるのかを確認しておく必要があります。

同時に、それらのリスクは「ポイント」をおさえておけば
最低限にまで抑えることができます。
そのポイントとは、信頼できる医師を見つけることです。
多くのクリニックに於いてカウンセリングは無料ですから、
不安や疑問をしっかりと解消できる眼科を選びましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.