Sample Image

老眼に効果はあるのか?

年齢を重ねるごとに不自由になることが増えていきます。
例えば、運動能力は20代をピークにして、次第に衰えていき、
50代をこえるとかなり不自由になるでしょう。
美容面に関しても同様です。
10・20代の頃は何の手入れもいらなかったはずなのに、
40代・50代になると肌のくすみやシミ・たるみなどが顕著に表れてきます。

しかし、これらの加齢に伴う悩みは何かしらの対策によって防ぐこともできます。
運動能力に関しては、日ごろから適度の運動を心がけていれば問題ないですし、
肌質などの美容関係についてもアンチエイジングという言葉が一般化してきているほどで、
解決可能な問題となってきています。
同様に、【老眼】も解決できるようになったのです。

これまでは老眼鏡などのメガネやコンタクトレンズでの矯正が一般的でした。
しかし、近年ではレーシック手術などの医療技術が急速に発達してきています。
それゆえに裸眼の視力回復も十分に可能なのです。

もちろんレーシックにも様々な種類があります。
そのため、老眼の補正に適した手術方法を選ばなければいけません。
しっかりと吟味したうえで、自分に適性のあるものを選びましょう。

老眼治療に使われる手術方法は下記の二通りが代表的です。

●伝導性角膜形成術
●モノビジョン・レーシック

前者は角膜を特殊な技術で屈折率を変更して、
近くのものも遠くのものも見えるようにする技術です。
一方後者は片目ごとに視力を調節するというものです。
例えば、左目は遠視用・右目は近視用などの使いわけをします。
一般的には前者の方が人気・実用性ともに高く評価されています。
もちろん、自身の都合にあわせて選択するのがベストです。
詳細についてはカウンセリングなどで専門家に質問するのが良いでしょう。
最近では殆どのクリニックで無料カウンセリングを実施しています。

もちろん、しっかりとリスクを把握することも必要です。
そのためにも、信頼できるクリニックを探すことが必要不可欠だといえます。
老眼になってしまったからとあきらめずに、
レーシック手術でいつまでも若々しい状態を保ちましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.