Sample Image

なぜ老眼になるのか?

全ての人が年齢を重ねることで「老眼」になります。
老眼は、正しくは「老視」といい、老眼になる年齢の早い遅いの個人差はありますが
全ての人が「老視」となるのです。

老眼という言葉は知っていても、具体的にどのようなメカニズムで老眼になり、
どのような症状があるのか、詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか。

人が物を見るときには、角膜から入ってきた光を水晶体で調節して、
最終的に視覚野に到達して「見える」という状態になります。

老眼は、光を水晶体で調節する機能が弱まっている状態を指します。

水晶体で光の屈折を調整する際に、「毛様体筋」という筋力を使います。
近くの物を見る時と遠くの物を見る時で、毛様体筋を使って水晶体の厚みを変え、
焦点を合わせます。

つまり、水晶体の弾力がなくなり調整の幅が狭まったり、
若しくは毛様体筋の機能が弱まることで「老眼」となります。

人は歳を重ねるとともに身体の筋力が衰えていくものですが、
同様に目の筋力である「毛様体筋」も衰えていきます。

人は歳を重ねるとともにお肌の弾力が失われていくものですが、
同様に水晶体の弾力も失われていくのです。

ごくまれに、老眼鏡をかける人の多い年齢に達しても、老眼鏡を使う必要のない人もいます。
このような方も、実は「老視」になっているのです。

よく、近視の人は老眼にならないという事を耳にしますが、
近視とは、通常よりも近くに焦点が合ってしまうことで遠くが見えくいという状態です。
近くに焦点が合っているため、近くは良く見えます。

近視の人が老眼にならないと言われるのは、
元々近くに焦点が合いやすいため、
老眼鏡が必要なほどの老視にはなっていないという事なのです。

それでも、加齢によって確実に水晶体や毛様体筋の機能は低下しているため、
近視の人でも老眼になるのが事実です。

また、最近では比較的若い方が老眼になることも増えています。
これは、パソコンなどの使用頻度が高いために
目を酷使していることが原因の一つとも言われています。

いずれは誰もが老眼になるのですが、
老眼になるのは出来るだけ遅いほうが良いのではないでしょうか。

適度に目を休めることで、出来るだけ目の機能を回復させましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.