Sample Image

なぜ乱視になるのか?

目の悩みと言えば、「近視」「遠視」「老視」と並んで
多くの人が悩まされる「乱視」というものがあります。

「近視」や「遠視」などと合わせて乱視が出ることもあり、
乱視のみが出ることもあります。

乱視の場合、物の輪郭がぼやけて一つのものが複数に見えたりすることがあります。
乱視には、【直乱視】【斜乱視】【倒乱視】の三種類があり、
それぞれ歪みの方向が異なります。
これらとは別に、不正乱視という矯正が難しい乱視もあります。
乱視の原因は、【角膜乱視】【水晶体乱視】によって異なります。
どちらも先天性と後天性の原因があるのですが、
ここでは後天性の原因について解説していきます。

【角膜乱視】は、角膜の形が歪んでしまうことによっておこります。
例えば、近視の方や遠視の方は見えにくいものを見るときに
目を細める動作をしてしまいがちです。
こういった動作によって角膜に不自然な圧力が掛かり、
角膜に歪みが生じると【角膜乱視】となってしまいます。

【水晶体乱視】は、水晶体が歪むことで引き起こされます。
仕事や趣味でパソコンを長時間見ていたり、テレビを長時間見るなど、
目に負担をかけることで水晶体に歪みが生じて【水晶体乱視】となります。

現代では、仕事で一日中パソコンを使用する方が沢山います。
オンタイムはパソコンを使用し、オフタイムはテレビ・本を見るなど、
私たちの目は酷使されがちです。

目を酷使し続けることで、水晶体や焦点を合わせるために必要な目の筋力が衰え、
乱視だけではなく若年性の【老眼】になる危険性もあります。

・近視の方は近くは見えやすく遠くが見え辛い、
・遠視の方は遠くは平均程度見えるものの近くは見えづらい
といったものなのですが、さらに乱視が加わると、
近くも遠くも見え辛く なってしまうのです。

正視(視力に問題のない方)でも、目に負担をかけることで乱視となる場合がありますので、
どのような状況の方も普段から注意が必要です。

乱視になると、コンタクトレンズもメガネも乱視矯正が追加されたものを使用しなくては矯正することが出来ません。

既に乱視でお悩みの方は、レーシックで矯正し、裸眼で生活することも可能です。
レーシック手術を行ったからと言って、
目を酷使し続ければ再び視力低下の可能性が出てしまいますので、
日ごろから適度に目を休ませることを心掛けましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.