Sample Image

近視に効果はあるのか?

日本国民の約六割は、重度はともあれ【近視】の傾向にあると考えられています。
近視を患えば、日常生活を滞りなく過ごすにはメガネが必要不可欠です。
近年ではコンタクトレンズを使用する方も沢山いらっしゃいます。
そんな中で、「レーシック手術」によって視力を矯正する人も増えてきました。
この手術を受ければ、裸眼での視力が1.0以上に回復するため、非常に高い人気を得ています。

特にこの手術は、そもそも近視を矯正する目的で作られた医療技術ですから、
近視に対しては大変素晴らしい効果を発揮します。
その有用性の高さから今、大きな注目を集めているのです。

そもそも近視はなぜ引き起こされるのでしょうか?
その原因としては大きくわけて先天性のものと後天性のものに分けられます。
近視は「遺伝」によって引き起こされることもしばしばあります。
また、母体内での時(つまり胎児)の際になんらかの原因で視力が先天的に弱くなる可能性もあります。

しかし、多くの場合は後天的な要因によって近視が引き起こされます。
例えば「生活習慣」です。
その多くはストレスの蓄積やパソコンやテレビなどの液晶画面を長時間にらみ続けることが
大きな原因となってしまいます。

現代人にとってパソコンや携帯電話、スマートフォンなどの電子端末は
生活に欠かせないアイテムとなりつつありますが、
適度に休憩をはさみながら使用するのが理想的です。
すでに視力が悪いという方も、これ以上悪化させないように努めましょう。

さて、視力の悪化によってレーシックを受けるという際には
いくつか手術方法のなかから、自分にぴったりのものを選ぶことになります。
近視矯正には「Intra-LASIK」や「iLASIK」が最低でしょう。
もちろん、症状や眼球の状態も手術内容に大きく関係するので、
クリニックで行われる無料カウンセリングで医師に相談してみましょう。

また衛生面やサービス面でも信頼できるクリニックを選ぶことが重要です。
これによって、手術に伴うリスクを最小限に抑えることができるでしょう。

近視を矯正して、ゆとりある生活を送りましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.