Sample Image

なぜ近視になるのか?

視力に問題を抱える人の中で、【近視】の人が最も高い割合を占めています。
近視というのは、近くは問題なく見えるが遠くがぼやけてしまうというもので、
近視と遠視のバランスが崩れ、近視側に偏ることによって近視となります。

多くの場合、小学校低学年から成人までの間に
眼球が成長することに伴って近視が進行していきます。

そもそも私たちの「目」は、
「角膜」から入ってきた光を「水晶体」や水晶体の厚みを変える「毛様体筋」で調節して
網膜の位置でピントが合うようにします。

しかし近視の場合は、
水晶体から網膜までの距離が長く、網膜より前でピントが合ってしまったり(軸性近視)
水晶体や角膜の屈折率によって網膜より前でピントが合ってしまうのです。(屈折性近視)
網膜より前でピントが合ってしまうために、
視覚野へはピントの合わないぼやけた映像が伝わってしまいます。

通常、身体の成長と同じように眼球も成長していくものなので、
誰でも角膜から網膜までの距離が長くなっていきます。

すると、もともと遠視の強さが不十分だった人は近視となります。
逆に生まれつき遠視が強い人は、
眼球が成長しても生活に支障が出るほどの近視にはなりません。
生まれつきとても強い遠視の人は、成長に伴って遠視傾向が軽減されます。
「子供のころ遠視だったけれど、成長するにつれて正視に近くなった」
という人が多いという背景にはこういった理由があります。

私たちがイメージする「視力が良い」ということには、
生まれ持った遠視と近視のバランスが大きく関係していると言えるでしょう。

もちろん、生まれ持ったバランス以外にも、近視になる要因は沢山あります。

私たちは、パソコン・テレビ・本・テレビゲーム・携帯電話などの普及から
目を酷使しています。

目を酷使することによって、水晶体や毛様体筋の機能が低下していき、
視力低下につながると言われています。

近視になると、良く見えないものに対してついつい目を細めて見ようとしてしまいます。
この動作は、角膜を圧迫して歪めてしまい、乱視を併発する原因ともなります。

目は大変デリケートな器官です。
1〜2時間おきに目を休ませ、出来るだけ視力を低下させないように心掛けましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.