Sample Image

遠視に効果はあるのか?

遠視の症状がある方は近視にくらべて比較的少ないと考えられます。
そのため、レーシック手術の効果に関しても、これまでは情報があまりありませんでした。
しかし最近では遠視に対する高い効果が報告されています。

そもそも遠視とはどういった症状なのでしょうか?
これは眼球の屈折率の異常と考えられていて、
遠くの方から眼球に入ってきた光を「調節」できない状態を指しています。
そのため、ほとんどの場合で近くのものを見るときに目が疲れてしまうという
障害を引き起こします。

また、遠視の場合はほとんどのケースで「遺伝」によって引き起こされるようです。
メガネを使用する場合、老眼の矯正と同様に凸レンズを使用する為、
老眼と似たような症状と勘違いされることもありますが、
実際にはまったく異なる症状です。

遠視というと、遠くが良く見えるとイメージしてしまいがちですが、
実際の遠視症状は遠くも近くも見えない状態です。
これは、先述したように眼球が光に対して調節を行うことが出来ない為で、
網膜の後方でピントが合ってしまうことに原因があります。

遠視の矯正を行うレーシックとして現在もっともポピュラーな手法は
「イントラレーシック(Intra-LASIK)」という手術方法です。
これはコンピュータによって精密にフラップというフタを作る技術で
従来の手法とくらべて安全性・正確性において非常に優れています。

また、ポピュラーな手法であるがゆえに、
取り扱っているクリニックも多く、選択肢が多いというのもメリットのひとつです。

そのため、できる限り優秀なクリニックを選ぶようにしましょう。
合併症のリスクを避けるためにも「衛生面」に気を使ってるクリニックであることや
担当医師がカウンセリングなどで誠実に対応してくれるところを選びましょう。
単純に料金面だけで選んでしまうのは危険です。

遠視を患っている人は近視にくらべて比較的少数です。
だからこそ、レーシック手術をうけて生活を快適にしたいところですが、
クリニック選びに失敗しては元も子もありません。
しっかりとポイントをおさえて選ぶようにしましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.