Sample Image

なぜ遠視になるのか?

近視よりも割合は低いですが【遠視】も目の悩みとしてご存知の方が多いかと思います。
子供の内は遠視でも、成長とともに正視に近づく方もいますし、
逆に近視に傾く場合もあります。

近視は、網膜の前でピントが合ってしまうために遠くが見えない
という物でしたが、遠視は網膜の後ろでピントが合ってしまうため、
遠くを見るときも近くを見るときも調整機能を使わなくてはならない状態です。

子供のころは、眼球も小さいため角膜から網膜までの距離が短く、
網膜の後ろにピントが合ってしまうのが普通と言えます。
小児遠視は、眼球の成長とともに網膜にピントが合うようになるため、
言わば正常な状態とも言えます。

しかし、あまりにも強い遠視の場合は目の調整機能が追い付かずに、
見る力が発達しない【弱視】になってしまう可能性があります。
弱視はコンタクトレンズや眼鏡での矯正が難しいため、
小児遠視と判明したら放置せずに医師の適切な処置を受けましょう。

遠視には、【軸性遠視】【屈折性遠視】があります。

【軸性遠視】
角膜から網膜までの距離が短く、網膜の後ろでピントが合ってしまう。

【屈折性遠視】
屈折率が弱いため、網膜の後ろでピントが合ってしまう。

というものです。

この他に、【無水晶体眼】というものがあります。
無水晶体眼は、手術などで水晶体を摘出すると、
水晶体がなくなることで屈折機能が失われるため、非常に強い遠視となります。

また、【老視】は遠視と混同されがちですが、全く性質が異なります。

遠視は、常に水晶体や毛様体筋を働かせてピントを合わせる必要がありますが、
老視は、加齢や目の酷使によって水晶体や毛様体筋のピント調節機能が低下してしまった
という状態を指します。

・遠視の場合はピント調節機能があり
・老視の場合はピント調節機能が衰えている
という違いがあるのです。

遠視は、子供に多い症状です。
常にピント調節機能を働かせなくてはならないというのはたいへん疲れるもので、
遠視によって落ち着きがないように見えたり、飽きっぽく見えたりしてしまいます。

遠視の経験がない方でも、一日中パソコンを使用したりして酷く目が疲れたとき、
肩こりや頭痛に悩まされることで遠視の辛さをイメージして頂けるかと思います。

遠視は凸レンズの眼鏡やコンタクトレンズでの矯正が一般的です。
大人の方であれば、レーシックで矯正して裸眼で生活することも可能です。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.