Sample Image

日常生活への影響

遺伝などの影響で先天的に視力が悪いということもありますが、
一般的に視力はパソコンやテレビ画面から発せられるブルーライトなどの
生活習慣によって悪化すると考えられます。
いずれにせよ、これまではメガネやコンタクトレンズなどを利用して
視力を矯正するのが一般的でした。

しかしメガネは十分な視界が確保できないというデメリットがありますし、
コンタクトレンズには手入れが面倒というデメリットがあります。
多くの方がなにかしらの不満や煩わしさを感じていたでしょう。
そこで今、大きな人気を博しているのが「レーシック」という医療技術です。

これは、眼球(角膜部分)にレーザーを当てることよって
裸眼での視力を上げることが出来るという画期的な治療法で、
何よりも、これまでメガネやコンタクトレンズで感じていた煩わしさから
解放されるという点に大きなメリットがあります。
日常生活においても、裸眼で過ごせることからストレスが少なくなるはずです。

とはいえ、レーシック手術も万能というわけではありません。
例えば、激しい運動は施術後一か月程度は控える必要があります。
もちろん、スポーツの種目などよっても左右されるところありますが、
比較的運動量の少ないものであれば術後一週間程度から運動しても良いものもあります。
普段からスポーツをする方は術前に担当医師と十分に相談することをオススメします。

また、日常生活で車やバイクの運転が必須の方は多いでしょう。
視力が悪い方だと免許証に「眼鏡等」という条件がついていることがしばしばあります。
レーシック手術を受けた際には、視力が回復しており、
裸眼で運転できる状態にあるかもしれませんが、
そのまま運転をしてしまうと「違法」になるので注意しましょう。

この場合は、最寄りの運転免許センターで条件を解除する必要があります。
手続き費用も時間もかかりません。
視力検査をクリアして書類を書くだけで「眼鏡等」の条件を外すことができます。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.