Sample Image

視力は遺伝する?

視力の低下は私たちの生活に著しく支障をきたします。
そのため、メガネやコンタクトレンズ、そしてレーシックなどによって
視力を矯正する必要があります。

では、そもそも視力が低下する原因はどこにあるのでしょうか?
その要因は様々で、先天的なものから後天的なものまで多岐にわたります。

一般的には後天的な要因が視力の低下に大きく関係していると考えられています。
例えば、パソコン・テレビ・ゲームなどをはじめとする液晶画面を長時間にわたって
にらみ続けると眼球の奥にある筋肉が疲弊してしまいます。
これが頭痛の原因となったり、視力低下の原因になるわけです。

また、生活の中で蓄積されるストレスも視力低下の大きな原因となります。
ストレスがたまり、イライラする時間が増えれば眼球を動かす筋肉が絶えず緊張します。
その結果、視力が徐々に低下してしまうことになります。

これらの視力低下の原因は全ての人に共通して考えられますが、
区別して考えなくてはいけないケースもあります。
それが「子ども」です。
とくに幼稚園や保育園に通っている園児から小学校の児童については、
成人と比較した際、視力の悪化が急速に進むと考えられているので注意が必要です。

これらの原因と比べて割合は少ないものの、「遺伝」による視力低下も存在します。
この遺伝による視力低下が見受けられる場合は、
極端に視力が弱いなどの特徴が挙げられます。
そもそも眼球の構造そのものに遺伝的な要因があることも多いようです。

いずれにしても、視力の矯正は可能です。
メガネはもちろん、レーシック手術による裸眼での視力上昇も可能です。
手術ときくと多少、不安があるかもしれませんが、
現在では医療技術も発達しているため、リスクもあまりありません。

とはいえ、クリニック選びは重要な要素です。
アフターケアのことまで考えて、アクセスしやすいクリニックを選ぶことや
衛生面に気を使っている優良なクリニックを選んで、
出来る限り手術のリスクを回避しましょう。

ちなみに18歳以下の子どもは手術を受けることはできません。

以上の点に気を付けましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.