Sample Image

レーシックの歴史

今でこそ日本に広く普及し、高い評価を受けているレーシック手術ですが、
一般的に認識されてきたのは、ごく最近のことです。
裸眼の状態で視力を矯正できるという素晴らしいメリットから大きな注目をあびていますが、
現在のような技術が確立されるまでには、様々な試行錯誤がありました。
ここでは、そのLASIK技術の歴史について詳しく解説しています。

そもそもLASIKは「角膜屈折矯正手術」という技術の一種です。
LASIKの技術は1990年頃に生まれたものですが、角膜屈折矯正手術は
なんと1800年代から研究されてきた技術です。

1869年にギリシャにて角膜を切開して視力の矯正を図る手術が行われました。
その後も様々な手法で手術が行われましたが、副作用や合併症のリスクが高く、
一般的に普及することはなかったのです。

これらの手術を方法をRKやPRKと呼びます。
現在普及しているLASIKという技術とのもっとも大きな違いは
「メスを使っていた」という点にあります。
LASIK手術においては電子メスやレーザーを使って、より細かい作業が可能になり、
それと同時に安全性や効果も飛躍的に上昇したのです。

そして、このLASIK技術から派生した技術であるINTRA-LASIK(イントラレーシック)が
現在もっとも主流の手術方法になっています。
現在ではこの手法を多くの著名なスポーツ選手や芸能人が使用しているという背景から
日本中に広く認識され、手術を受ける人も年間で10万人にものぼるそうです。

LASIKの普及が真っ先に始まったのは「アメリカ」です。
アメリカは今でも技術力などで世界中のレーシックをリードしており、
まさに「LASIK大国」と呼ぶにふさわしい存在となっています。

現在では、先述したINTRA-LASIKをはじめ「ウェーブフロントレーシック」や
「iLASIK(アイレーシック)」などの新しい技術が続々と登場しています。
今後も引き続き研究は進められ、より安全で高い効果を発揮する技術が開発されるでしょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.