Sample Image

レーシックと眼鏡との比較

近年ではコンタクトレンズの普及やレーシック手術の注目が高まり、
「目が悪ければメガネを作る」というのが一昔前までの常識になりつつあります。
とはいえ、メガネもさまざまな利点を持っていることに間違いはありません。
その反面、デメリットも数多く存在するのは事実です。
しかし、それでも沢山のユーザーを抱え、市場規模も維持しているだけの魅力があるのです。
そんなメガネとレーシックののメリットとデメリットを整理します。
ここではLASIK手術とメガネを徹底比較しています。

【メガネ】

●メリット
メガネの長所は、なんといっても「もっともポピュラーな視力矯正」であることでしょう。
今では量販店の普及もあり、メガネを作るのにも時間はかかりません。
さらにファッション性に長けているという点も大きな魅力です。
若者をはじめとして年配の方に至るまで、
メガネをファッションの一部として取り入れています。

●デメリット
メガネのデメリットとして挙げられるのは、その着用感でしょう。
コンタクトレンズやレーシックのように視野を確保できません。
同時に顔周りに「物」があると自然と肩コリの原因にもなってしまいます。
さらにスポーツや運動の際に着用し続けるのが困難というデメリットが挙げられます。
スポーツ用のメガネが登場しているものの、実用性においてはコンタクトレンズや
LASIKに分があると言わざるをえません。
視力の変化に伴って度数を変えなくてはいけないという点もネックです。

【レーシック】

●メリット
LASIK手術では裸眼での視力が矯正されますから、コンタクトレンズやメガネのように
度数をいちいち変える手間がありません。
また、目の周りがスッキリしているのでメガネのような煩わしさもありません。
それ故に運動やスポーツをする方にも適応性があり、
有名なスポーツ選手にもLASIK手術を受ける方が数多くいらっしゃいます。
なによりも手間がかからず、楽なのがメリットです。

●デメリット
レーシック手術は誰でも受けられるという訳ではありません。
18歳以下の子どもや緑内障などの眼球疾患を患っている方は手術の適応外となります。
また妊娠中の女性も手術を受けることができません。
さらに医師の技術が不十分な場合には、満足のいく効果が得られない可能性もあります。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.