Sample Image

知っておきたいポイント

裸眼の視力を回復することができるということで高い評価を受けているLASIKですが、
メリットやデメリットを含めて、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。
ここではLASIKの知っておきたいポイントをまとめてご紹介します。

そもそもどんな手術で視力を回復するのでしょうか?
まず最初のステップは麻酔です。
眼球に直接矯正をくわえるため、麻酔なしでは手術を受けることができません。
もちろん麻酔を打てば、痛みを感じることはありません。
麻酔というと、注射を打たなければいけないようなイメージがありますが、
ここで使用するのは「点眼タイプ」の麻酔です。
数回に分けて目薬をすると、約1時間程度は麻酔が効きます。

その後、「フラップ」という蓋を眼球のもっとも外側である角膜につくります。
このフラップは最終的に改めてかぶせることになるため、作成の精度がポイントになります。
近年注目されているイントラレーシックではコンピュータがフラップをつくります。
精度の高いフラップが作れるため、トラブルになる心配もないのです。

その後は作成したフラップをめくり、眼球に特殊なレーザーを照射します。
このレーザーは「エキシマレーザー」というもので、
このステップで視力が矯正されます。

その後、フラップが元の位置に戻されて「蓋」になるのです。
フラップは自然と眼球に吸着して、安定します。

しかし、手術後に顔面に強い衝撃が与えられてしまった場合はずれたり
シワになってしまう可能性もあるので注意が必要です。

また、手術となるとどうしてもリスクを心配してしまうでしょう。
もちろん、100パーセント安全といいきることはできません。
だからこそ、クリニック選びはしっかりと行いましょう。
また、不安なことや疑問があれば、迷わずに専門家である眼科医に相談しましょう。

最近では多くのクリニックで無料カウンセリングを実施しています。
この機会を賢く利用して自分にあったクリニックを選びましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.