Sample Image

眼科医と眼科専門医の違い

最近ではコンタクトレンズやメガネにかわって新しい視力矯正方法として
「レーシック手術」が広く認識されるようになってきました
この手術では眼球の一部である「角膜」を調整して裸眼の視力を向上させるのです。
そして、この手術では医師の技術力が施術結果に少なからず影響を与えます。
そのため、信頼できる医師・クリニックを選ぶことが
LASIK手術を成功させるための大切なカギとなるのです。

そこでポイントとなるのが「眼科医」と「眼科専門医」の違いです。
もちろん、この基準にこだわりすぎる必要はありませんが、
医師の知識と技術力をはかる物差しにはなるでしょう。

では「眼科医」の定義とは一体なんなのでしょうか?
これは眼科として開業している医師全般を指しています。
とはいえ眼科医という肩書は医師免許を持っていれば、誰でも名乗ることができます。
もちろん眼科医にも素晴らしい医師は大勢いるでしょうが、
その肩書きだけでは手術を任せられるだけの専門医であるかどうかはわかりません。

その一方で「眼科専門医」とは日本眼科学会が十分な知識・技術を持った眼科医を
認定した際に取得できる肩書きで、一種の資格のようなものです。
この資格を取得するためには、研修と試験が必要です。

この資格の有効期限は5年に一度の頻度で更新が必要になります。
そのため、この眼科専門医の肩書を持っている医師は「最新」の情報や技術を
持っているということになります。

レーシック手術は現在非常に人気の医療技術です。
そのため、LASIK手術を取り扱っているクリニックは星の数ほどあるのが現状です。
そのなかから、理想的なクリニックを見つけるのは一筋縄にはいきません。
そんな時のための「ひとつの基準」として眼科専門医という資格を
覚えておくと役に立つかもしれません。

LASIK手術は非常に専門的な知識と技術が必要とされる医療技術ですから、
少しでも腕のいい医師に手術を担当してもらいたいものです。
だからこそ、料金面だけでクリニックを選ばないようにしましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.