Sample Image

保険は適用できるのか?

LASIKは、非常に便利な視力矯正技術ですが、
まとまった金額が必要になることから
手術をためらっている方も多いのではないでしょうか?

LASIK手術は、自由診療(どうしても必要とは認められない診療)に分類されるため
国民健康保険や社会保険の適用外となります。

現在のLASIK手術は、十万円〜数十万円程度の費用が掛かり、
国民健康保険や社会保険が適用されないとなると
手術に踏み切れない、と思う方も少なくありません。

上記の保険は適用されませんが、
十万円以上の医療費が掛かった場合に受けることの出来る
【医療費控除】という制度があります。

この制度は意外と知らない方が多く、
知っていても忘れてしまったり、
LASIK手術は適用されないと思ってしまう方がいますので、
忘れずに利用しましょう。

確定申告の際に申請することで控除が受けられますので
是非利用してください。
申請には領収書などが必要となります。

また、医療保険・生命保険によってはLASIK手術でも適用される場合があります。
適用が可能かどうか、いくら下りるのかという事は
加入内容によって異なりますので、保険会社に確認してみると良いでしょう。

保険とは異なりますが、LASIKの手術費用は
「医療ローン」を使えることが多いのです。

一度にまとまった金額を支払うことが出来なくても、
医療ローンで少づつ支払うことが可能です。

ローンを組んだ場合でも、契約書や領収書があれば
確定申告該当年に支払った分の医療費控除が受けられます。

ほとんどの病院で医療ローンが使えますので、
手術費用の安さを重視した病院選びは避けるようにしましょう。

手軽で安全性が高いといっても、
手術である以上合併症や後遺症の可能性があります。

大切な目の手術ですので、
信頼できる病院・医師であることを重視した選択をすると良いでしょう。

様々な制度を賢く利用すれば、それほど手術費用の心配をすることなく
最善の選択でLASIK手術に踏み切ることが出来るのではないでしょうか。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.