Sample Image

緑内障とレーシック

失明原因の上位を占める【緑内障】という病気があります。
緑内障とは、眼球の圧力「眼圧」が高まることによって視神経を圧迫・損傷し、
「視野が狭くなる」「視力低下」、最悪の場合「失明」に至る病気です。

視神経は一度損傷すると元に戻らない大変デリケートなものです。

眼圧が高くなる理由ははっきりしない事が多く、
正常範囲と思われる眼圧でも、緑内障の症状が出る方もいます。
視神経の強度は人それぞれなので、もろい場合は多少の眼圧でも影響が出てしまうのです。

また、自覚症状もあまりないため、早期発見のためにこまめなチェックが必要となります。

緑内障は、目薬などで眼圧を下げたり、レーザー治療を行ったりします。

緑内障を患っている・緑内障の心配がある、といった場合
LASIK手術は受けられるのでしょうか。

結論から言うと、手術自体は受けられるものの「避けたほうが良い」と言えます。

前述したように、緑内障は眼圧がキーポイントです。
LASIK手術には、眼圧に影響を与えるポイントがあります。

まず、手術時に眼球を固定し吸引をかけるため、その時は眼圧が一時的に上がります。
通常、これだけで視神経にダメージを与えることは考えにくいのですが、
元々眼圧の高い緑内障の方の場合、ダメージとなることも考えておいたほうが良いでしょう。

次に、LASIK手術を受けると、
角膜にダメージを与える可能性のある「緑内障治療薬」を一時使用できなくなります。

また、LASIKを受けると、眼圧の測定で実際よりも低い数値が出てしまうため、
正確な管理が出来なくなります。
緑内障患者にとって、眼圧の管理は非常に重要なものです。
しっかり管理ができないという事は、適切な治療を行えないという事になります。
LASIK後の眼圧測定値をそのまま信じていると、
いつの間にか実際の眼圧が高くなっていたという事になりかねません。

以上のように、LASIK手術は緑内障の方には「合わない」と言えます。

レーシックで視力矯正するよりも、
失明の恐れがある緑内障の治療を優先させたほうが良いでしょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.