Sample Image

白内障とレーシック

LASIK手術を受けるためには、事前に検査が必要です。
検査結果次第では、手術を受けることの出来ない方もいます。

最近では、若い方だけでなく中高年の方でもLASIKに興味を持つ方が多くなっています。
目の病気を抱えていても手術を受けられるのか、という事で悩んでいる方もいます。

白内障は、高齢の方に起こりやすい目の病気です。
・白内障でも手術が受けられるのか
・LASIK手術を受けた人が将来白内障になった時に白内障治療が受けられるのか
ここでは上記について解説致します。

白内障とは、焦点を合わせるために重要な役割を持つ【水晶体】が濁ってしまい、
視力が低下するという病気です。

主に加齢による白内障が多く、60代頃から白内障になる方は増え始め、
歳を重ねるごとに白内障の方の割合は増えていきます。

加齢以外にも、薬の副作用・目の病気・目のケガ・生まれつき白内障
というケースもあります。

白内障がそれほど進んでいない段階であれば、薬で進行を抑えることも可能ですが、
白内障を治すには手術で濁った水晶体を取り除き、レンズを挿入する必要があります。

LASIK手術は、角膜にエキシマレーザーを照射することで行われます。
水晶体とは関係のない手術ですので、
白内障手術を受けたことのある方がLASIKを受けることも可能です。
しかし、白内障が治っていない状態ではLASIKを受けることが出来ませんので、
白内障手術を行ってからのLASIK手術となります。

過去にLASIKを受けた方が白内障手術を受けることも可能です。
ただし、LASIK手術を受けたことのある目は、視力の計算が複雑になる為、
白内障手術を何度かやり直す事が多いようです。
これからLASIKを受けるのであれば、
LASIK前の視力とLASIK後の視力をしっかり記録しておきましょう。

医師にも将来の白内障手術の為に、と伝えれば
最適な形でデータを出してくれるかもしれません。

手術部位が異なる為、基本的に相互手術に問題ありません。
しかし、別の要因でLASIKが受けられない事もありますので、
LASIK前の検査はしっかり受けましょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.