Sample Image

レーシック手術後に運動制限はあるの?

手軽に視力を矯正できて、裸眼で過ごせるようになるレーシック手術ですが、
デリケートな部位の手術なだけに、術後しばらくは様々な決まりを守らなくてはなりません。
普段、スポーツをする機会の多い方にとって気になるのが、術後の【運動制限】ではないでしょうか。

それぞれのスポーツの一般的な制限期間をご紹介いたします。

●ジョギング・ウォーキング●
ジョギングやウォーキングは軽い運動に分類されますので、
術後1週間程度で行うことが出来ます。
ただし、汗が目に入らないように充分注意しましょう。

●スイミング●
2週間〜1ヶ月程度でおこなうことが出来ます。
まだまだ目はデリケートな状態ですので、ゴーグルで保護し
こすったりしないように充分注意しましょう。

●サッカー・野球・バスケットボールなどの球技●
激しいスポーツに分類されます。
術後1ヶ月程度で行うことが可能です。
複数名で行うスポーツですので、人と衝突したり、
ボールが顔や目にぶつかる可能性が高いです。
フラップの性質上ずれを生じる可能性がありますので、
保護眼鏡を着用するなど十分注意しましょう。
また、感染症を避けるために衛生面にも注意し、目をこすったりしないようにしましょう。

●格闘技●
格闘技の場合、従来のLASIK手術は向かないとされます。
顔に衝撃を受ける可能性が極めて高いため、フラップのズレが懸念されます。
LASIKではなく、後で剥がれ落ちるフラップを作成し、フラップを再生させる
【エピレーシック】を検討したほうが良いでしょう。

上記以外のスポーツも、基本的に術後1ヶ月程度で出来るようになるとされています。

定期検診の結果や術後の経過によっては、
スポーツが出来るようになるまでの期間が前後しますので、必ず医師に確認してください。

制限期間を守らずに運動してしまうと、
合併症や後遺症の原因となりますので十分注意しましょう。

運動が好きな方にとって制限期間は辛いものですが、
少し我慢すればメガネやコンタクトレンズから解放されて
思いっきりスポーツを楽しむことが出来ます。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.