Sample Image

子供でもレーシックは可能?

レーシック技術の進歩に伴って、手術を受ける方もどんどん増えています。
従来のLASIK技術を改良させることで、より安全性の高い技術が登場していることや、
症例数が増えることで医師の経験や知識が豊富になっていることもポイントです。

手術を受ける方は年々増加していますが、
子供が手術を受けたという話はあまり耳にしません。

子供がレーシック手術を受けられるか否か、ご説明致します。

結論から言うと、子供はレーシック手術が受けられません。
クリニックによって異なりますが、
一般的に18歳以上とされていることが多いです。
また、視力の進行状況によっては、
さらに上の年齢にならないと受けられない場合もあります。

子供が手術を受けられない理由は、眼球が成長途中という所にあります。

まだまだ近視が進行する可能性があったり、
逆に、遠視が正視に近づく可能性があるからなのです。
また、眼球が成長することで遠視から近視になってしまうこともあります。

このように、未発達な眼球は視力も非常に不安定です。

人の眼球は、20歳を超えてなお成長することが多い器官です。
30代後半まで成長すると言われており、
人によっては20歳を超えても視力低下が進行している人もいます。

進行の速度によっては成人しても手術を受けられない可能性があるのです。

とはいえ、検査の結果しだいによっては18歳未満でもうけられる可能性がありますので、
一度病院に相談してみると良いかもしれません。

仮に手術を受けられることになったとしても、
点眼などの薬の管理や、術後運動してはいけない・安静にしなくてはいけないといった
数々の決まりごとがしっかり守れるかどうかも問題となってきます。

学校へ通っている間はしっかり管理することもできませんので、
やはり、一般的な手術可能年齢に達してから手術を受けた方が良いでしょう。

子供の場合、レーシック以外の方法で視力を矯正できる可能性があります。
眼球の成長や視力の進行が安定するまでは、
やはりコンタクトレンズや眼鏡で様子を見るのが一般的です。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.