Sample Image

レーシックにも種類がある

「近視」「遠視」「乱視」「老視」と様々な目の症状がありますが、
どの症状の方も、メガネやコンタクトレンズから解放されて
心地よい生活を送りたいと願うものです。

視力が悪いという事は、それだけ目に負担が掛かり、肩こりや頭痛などの原因にもなります。

近年では多様な視力矯正技術が登場し、
レーシックも一種類ではなく様々な種類から選べるようになりました。
ここでは、それぞれの技術の特徴を分りやすく解説していきます。

【LASIK】
マイクロケラトームという器具で角膜表面を切り「フラップ」とい呼ばれるフタを作ります。
フラップをめくった状態で角膜にエキシマレーザーを照射します。
角膜の状態によっては受けることが出来ません。
また、フラップがずれる可能性がある為、顔面に衝撃を受けると思われる方には適しません。

【イントラレーシック】
イントラレースという器具を使い、レーザーでフラップを作成します。
エキシマレーザーによる矯正はLASIKと同じですが、
フラップをレーザーで作成するため、より精密なフラップの作成が可能です。

【ilasik】
イントラ技術にカスタムビューを付加した技術です。
個々の角膜の状態に合わせた矯正を行うことで、よりくっきりと見えるようになります。

【ウェーブフロントレーシック】
イントラにウェーブフロントアナライザーによる解析を付加した技術です。
解析結果に基づいたより精密な矯正が受けられるため、不正乱視の矯正も可能です。

【エピレーシック】
エピケラトームを使い、角膜上皮のみの極薄のフラップを作ります。
角膜が薄く、レーシックを受けられなかった方でも受けることが出来ます。

角膜にエキシマレーザーを照射するレーシックには以上のようなものがあります。

これ以外にも、角膜にレンズを挿入する【フェイキックIOL】や
ハードコンタクトレンズによって角膜矯正する【オルソケラトロジー】
などの矯正方法がありますがレーシックからは外れるため、ここでは説明を割愛させて頂きます。

それぞれ価格にも差がある為、
ご自身の得たい効果や角膜の状態に合わせた技術を選ぶと良いでしょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.