Sample Image

レーシックの欠点

レーシックは、視力に問題を抱える人が手術を受けることにより、
視力が強制されて裸眼で生活できるようになるという、大変素晴らしい技術です。

しかしまだまだ新しい技術のため、完全に安全で100%視力が矯正される
という保証はありません。
手術の検討をされている方は、その欠点についても知っておいたほうが良いでしょう。

レーシックの欠点の一つに、「誰でも受けられるわけではない」ということがあります。
●視力低下が進行する若年層(17歳以下)は手術を受けられません。
18歳以上であれば受けられる可能性が高いです。

●妊娠・授乳中は母体や胎児に影響を与える可能性がある為、
手術を受けられません。

●極度の近視・乱視の方は受けられません。

●角膜の厚さが一定以上ないと受けられません。

●白内障や網膜剥離などの目の病気を患っている方は受けられません。

「合併症・後遺症が伴う可能性がある」という欠点もあります。
たいへんデリケートな「目」の角膜表面を切り、角膜を削るという手術を行います。
術後、ドライアイや異常にまぶしく感じる、
といった合併症や後遺症に悩まされる方もいます。
また、細菌感染をおこし、処置が遅れると角膜移植をしなくてはならない、
最悪の場合失明するといった危険性もあります。

「顔に衝撃が加わるとフラップがずれる」という欠点もあります。
角膜表面を切り、ふた状にしたものを「フラップ」と呼びます。
フラップを作り、めくった状態で角膜にレーザーをあてて削り、その後フラップを戻します。
フラップは時間の経過とともに元の状態に近づくのですが、
完全に元に戻るわけではありません。
衝撃が加わることでフラップがずれてしまったり、しわがよってしまう可能性があります。

「視力があまり矯正されない可能性がある」
手術を受けても、満足のいく矯正効果が得られない事があります。
矯正効果には個人差があります。

レーシックには以上のような欠点があげられます。
これらの欠点は、手術を行う医師が未熟であったり、
ずさんな検査を行う病院であるほど危険性が高まると言えるでしょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.