Sample Image

レーシックの合併症のリスクとは

視力に問題を抱える人たちの中には、
メガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放されたいと願っている方が多いのです。
メガネやコンタクトレンズで視力矯正していると、手間が掛かる以外にも
肩凝りや頭痛に悩まされる、といった事も煩わしさの要因となります。

視力で悩む方にとって、レーシックは非常に革新的な技術です。
手術を受けることでそれまでの煩わしさや不自由さから解放されるのであれば、
是非受けてみたいと思う方も多いでしょう。

しかし、便利さの反面、「合併症」「後遺症」
といったリスクがあることも知っておく必要があります。

「合併症」とは・・・術後不具合があるものの、治療が可能な症状を指します。
「後遺症」とは・・・術後重大な不具合があり、治療が困難なもの。
角膜移植などの手術が必要になるものを指します。

●おもな合併症●
【ヘイズ】
角膜が混濁し、視力低下する

【細菌感染】
角膜が細菌感染し、視力低下を伴う

【グレア】
術後以前よりまぶしく感じるようになる

【ドライアイ】
目が乾きやすくなる

●おもな後遺症●
【網膜剥離】
視界が狭くなる、視力が低下する、最悪の場合失明する

【飛蚊症】
視界に虫のようなものが見える

【老眼】
手術により老眼になる時期が早まる

【角膜拡張症】
視力低下や乱視が発生する

以上のような合併症・後遺症があります。
また、上記以外の合併症・後遺症も存在します。

「グレア」や「ドライアイ」に関しては、
合併症として数ヶ月で症状が治まる場合もありますが
後遺症として半永久的に残る場合もあります。

レーシック手術を受ける人は年々増えており、技術も日々進歩しています。
しかし非常にデリケートな部位の手術ですので、
100%安全と言い切れるものでもありません。
場合によっては日常生活に支障をきたしたり、
最悪の場合失明に至る可能性があるということから
手術を決めかねている方も多いようです。

とは言え、手術が成功してメガネやコンタクトレンズから
解放された生活を送っている方はたくさんいます。
術後の状態は、執刀する医師の経験や技術に因る所も多分にありますので
病院・医師選びは慎重に行うことをおすすめします。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.