Sample Image

レーシック手術は誰でも受けられる?

メガネやコンタクトレンズの使用に煩わしさを感じている人は少なくありません。
そんな背景から裸眼での視力を上げる「レーシック手術」が大きく注目されています。

最新の医療技術であるレーシックは眼球の一部である角膜に
特殊なレーザーをあてることで視力を回復します。
メガネのように煩わしいこともありませんし、
コンタクトレンズのように手入れが必要ということもありません。
大変有用性の高い治療方法なのです。

しかし、あくまで手術ですから多少の「危険性」は伴います。
手術そのものに痛みはないものの、
悪質なクリニックでの手術で伝染病を患ってしまうということもあるそうです。
そのため、クリニック・医師選びは非常に重要なポイントなのです。

おそらく視力の弱い方であれば、殆どの方が大きなメリットを感じるでしょう。
では、この手術を受けられない人はいるのでしょうか?

結論からいえば、手術を受けられない人はいます。
例えば、18歳未満の子供は手術を受けることができません。
これは手術する眼球部分が成長段階にあるためです。

その他にも「緑内障」を患っている場合は、
手術を受けることができない可能性が高いでしょう。
これは術中に一時的に眼圧が上がる事に関係しています。
結果的には視神経に負荷がかかってしまうのです。
もちろん、緑内障であっても眼圧が正常ならば手術を受けられる可能性はあります。
詳細については、一度カウンセリングで専門医に相談する事をオススメします。

この他にも、眼球に疾患や異常を抱えていると、
ほとんどの場合で手術を受けることができません。
白内障や網膜剥離はもちろんのこと、
強度のドライアイなどを患っている場合も手術が出来ない可能性は高いでしょう。
さらに妊娠中や授乳中の女性も麻酔を使えないことから手術は不可能です。

いずれの場合にしても、
まずはカウンセリングを受けて専門家に聞いてみるのがベストでしょう。
状況によっては、手術を受けられる可能性もあるでしょう。

基本知識

手術の流れ

レーシックの種類

視力低下を解決

視力の悩み

レーシックの豆知識

比較・検討!

よくある疑問

レーシックの概要

Copyright(c) 2011 LASIK LABO All Rights Reserved.